グリコアルブニン(GA)とは?糖尿病の検査で使われるGAをご紹介

血糖値が気になったら【白井田七】 サポニンが健康な毎日をサポート!
初回限定!39%offで試せる特別キャンペーン実施中▼▼▼
詳しくは、下の画像をクリック↓



糖尿病検査でよく聞く グリコアルブニン(GA)とは?

グリコアルブミン(GA)で糖尿病を管理
糖尿病の検査で使われている
「グリコアルブニン(GA)」とは?

 

グリコアルブニンは血糖の管理指標です。

 

血糖値が低い=グリコアルブミンの量は減少
血糖値が高い=グリコアルブミンの量は増加

 

という関係にあって、
血液中をはじめ、体中の大切な組織や体液中あります。

 

糖尿病の検査で血中のグリコアルブミンを測ることによって
採血の1ヵ月間(特に直近の2週間前)前から
採血時までの平均血糖状態がわかります。

 

グリコアルブミン(GA)の値の目安

  • 糖尿病ではない人・・・11〜16%
  • 血糖正常化を目指す目標値・・・16%未満
  • 合併症予防のための目標・・・20%未満
  • 治療強化が困難な際の目標・・・・24%未満

 

グリコアルブニンの働きとしては、
・細胞の形を保つ
・ホルモン、栄養素、薬剤成分を運搬する
といった大切なものがあります。

 

肝臓で製造されたアルブミンの一部は、
血液の中にあるブドウ糖とひっつくことによって
グリコアルブミン(GA)になるんです。

 

ちなみに、グリコアルブミンという言葉は
グリコ、すなわちブドウ糖がくっついたアルブミンという意味。
(アルブミンは体の中で様々な働きをするタンパク質)

 

糖尿病の治療をはじめると
グリコアルブミン(GA)はすぐに大きく改善していきます。

 

だからこの数値をみることで
治療の効果が、早く実感できるということが言えますね。