糖尿病の検査キットの価格や検査方法をご紹介。検査キットのメリットは?

運動も食事も続かない・・?いいえ、糖対策は手軽に出来るんです!
植物性インスリン「ピニトール」が1日300mg!野菜のサプリ
詳しくは、下の画像をクリック↓



糖尿病の検査キットってどんな感じ?費用や検査項目

まずは検査キットで。というのもあり

 

糖尿病の検査キットは最近、様々なものが販売されていますが

 

価格は5000円や1万円などいろんな種類があります。
でも検査は、あくまでも簡易的なもの。鵜呑みにしないで!

 

あまり後ご存知でない方もいるようですが
糖尿病にも検査キットがあります。

 

自宅で(自分で)糖尿病なのかどうかを
手軽に判断できる便利なものです。

 

仕事が忙しくて、定期検診にもいけないに方や
専業主婦の方などが、一時的な判断基準として活用されているようです。

 

 

尿糖の測定キット

 

検査キットの中でもポピュラーなものは尿糖測定器で、
採取した尿中の糖分を測定する機械になります。

 

値段的には、いろいろばらつきもあって
5000円ぐらいのものから、15000円もする商品も。

 

 

血液で検査するもの

 

他の様々な生活習慣病を合わせて
検査できるキットがこちら。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
≪デメカル血液検査キット≫「生活習慣病検査キット+糖尿病セルフチェック」
(生化学12項目検査+HbA1c) 男女兼用

 

届いたキットに入っている器具で
指先にキズをつけて血液を採取。

 

しみ込ませた血液をセンターに郵送して
検査してもらうタイプのキットになります。

 

専門機関に診てもらえるこの方法なら、
他のものと比較するとまだ安全だと言えるのでは。

 

検査キットは補助的。必ず、病院で検査しましょう

 

ただし、こうした検査キットはあくまでも
糖尿病の判断基準の参考程度のものです。
検査結果をあまり鵜呑みにしないほうがいいかも。

 

時間帯やタイミングによって、検査結果は変わるようです。
もし、反応が出なくても、それだけで糖尿病ではないとは言い切れません。

 

手軽さでは検査キットもいいですが、
確実なのは専門の病院検査の受診です。

 

お仕事などで忙しい方も気になったなら受診下さいね。

関連ページ

検査項目は?
糖尿病の検査とは、どんな項目があるのか?よく聞く空腹時血糖値やHbA1c(グリコヘモグロビン)、GA(グリコアルブミン)などの検査項目をご紹介。糖尿病の合併症予防の為にも、検査項目にはどんなものがあるのか、基本的な疑問にお答えします。
検査費用は?
糖尿病の検査をするなら、費用はどのくらいかかるのでしょうか?病院での検査費用や検査キットの金額もご紹介します。糖尿病を検査するのに費用的な面で心配な方は、ぜひ参考にして下さい。
無料で検査する裏ワザ
糖尿病の検査は費用もかかるので、後回しにしていると言う方必見の裏ワザをご紹介。糖尿病の検査がただで(無料で)できちゃう目から鱗の方法をお伝えします。この方法でまずは糖尿病の可能性を検査しましょう!
何科で検査するべき?
糖尿病の検査を病院でする場合、一体何科に行けばいいんでしょうか?内科が一番ポピュラーですが、糖尿病独自の科目で検査するなら、どういったメリットがあるのか。逆言えば、何も考えずに内科で糖尿病の検査を受けるとどういったデメリットがあるのか、ご紹介します。何科で検査するのがいいか迷ったらご参考下さい。