糖尿病の検査費用はいくらかかるの?検査の種類別費用について

運動も食事も続かない・・?いいえ、糖対策は手軽に出来るんです!
植物性インスリン「ピニトール」が1日300mg!野菜のサプリ
詳しくは、下の画像をクリック↓



糖尿病の検査って費用はどのくらいかかるの?

ちょっとした自覚症状を感じていて
「糖尿病かもしれない」と考えている方の中には、

 

「でも検査費用が高かったら、どうしよう」
と不安に感じて、検査を先延ばしにしている人もいるかもしれませんね。

 

糖尿病の検査っていくら?

 

病院で糖尿病検査する場合

 

糖尿病の検査費用は、だいたい数千円と言われています。

 

項目別に見てみると
・尿糖の検査
・空腹時血糖値の測定
・HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)…500円
・インスリン分泌の血液検査…1100円
・75gGTT(75g糖負荷試験)…2000円

 

ちなみに金額は、全額負担の場合で、
あなたの保険料負担が、3割負担なら×0.3となります。

 

当然、費用は医療機関によって違うこともあるので
正確な検査金額は、病院にお問い合わせ下さい。

 

検査キットで糖尿病検査するなら

 

近頃は、ネット通販でも手軽に
糖尿病の検査キットを買うことが出来るようになってます。

 

例えば、
糖尿病に特化した
自分でできる郵送検診申込セット 糖尿病なら
などであれば2000円程度の費用で通販することも可能です。

 

 

 

お金のことなので心配なのはわかりますが
病気にかかってしまった方は
「健康はお金に換えられない!」とは、
口々におっしゃっています。

 

一度、簡単であっても早めに
糖尿病検査をお受けすることをオススメします。

関連ページ

検査項目は?
糖尿病の検査とは、どんな項目があるのか?よく聞く空腹時血糖値やHbA1c(グリコヘモグロビン)、GA(グリコアルブミン)などの検査項目をご紹介。糖尿病の合併症予防の為にも、検査項目にはどんなものがあるのか、基本的な疑問にお答えします。
検査キットについて
糖尿病の検査についても手軽に出来る検査キットが、いろいろと販売されています。こうした検査キットの内容や検査の仕方、費用(価格)をご紹介します。キットならではのメリット、デメリットをお伝えします。
無料で検査する裏ワザ
糖尿病の検査は費用もかかるので、後回しにしていると言う方必見の裏ワザをご紹介。糖尿病の検査がただで(無料で)できちゃう目から鱗の方法をお伝えします。この方法でまずは糖尿病の可能性を検査しましょう!
何科で検査するべき?
糖尿病の検査を病院でする場合、一体何科に行けばいいんでしょうか?内科が一番ポピュラーですが、糖尿病独自の科目で検査するなら、どういったメリットがあるのか。逆言えば、何も考えずに内科で糖尿病の検査を受けるとどういったデメリットがあるのか、ご紹介します。何科で検査するのがいいか迷ったらご参考下さい。