糖尿病の検査にはどんな項目があるのか?糖尿病検査項目の疑問点をご紹介

血糖値が気になったら【白井田七】 サポニンが健康な毎日をサポート!
初回限定!39%offで試せる特別キャンペーン実施中▼▼▼
詳しくは、下の画像をクリック↓



糖尿病の検査ってどういった項目があるの?

「もしかしたら糖尿病かもしれない」と
思い当たるコトがあった場合、

 

やっぱり、しっかりと検査を受けたいですよね。
糖尿病の検査項目は?

 

でも
糖尿病の検査項目って具体的にどういったものがあるんでしょうか?

 

検査項目としては、

血糖値(空腹時、随時、2時間値)

HbA1c(グリコヘモグロビン)

GA(グリコアルブミン)

尿酸(採尿検査にて)

があります。

 

具体的に検査数値を見ていくと、

 

空腹時血糖

※110mg/dl以上なら、「糖尿病予備群の疑いあり」
※126mg/dl以上で、「糖尿病の疑いあり」

 

随時血糖(空腹時以外の時の血糖値)

※140〜199mg/dlなら、「糖尿病予備群の疑いあり」
※200mg/dl以上で、「糖尿病の疑いあり」

 

HbA1c(グリコヘモグロビン)

※5.2〜5.4%なら、「糖尿病予備群となる可能性あり」
※5.5〜6.0%なら、「糖尿病予備群の疑いあり」
※6.1%以上で、「糖尿病の疑いあり」
ちなみに国際標準値は6.5%以上で「糖尿病の疑いあり」

 

GA(グリコアルブミン)

※16.5以上18.3未満が、糖尿病の境界域
※18.3以上なら、糖尿病域

 

尿糖値(尿中のブドウ糖)

採尿検査にて尿糖値(尿中のブドウ糖)が(+)以上の場合は、
糖尿病の詳しい検査を受けることをお勧めします。
+:100mg/dl
2+:250mg/dl
3+:500mg/dl

 

 

いずれにしても早めの検診が
あなたの健康的な生活につながります。

 

上記の検査値は、参考ですので
糖尿病の検査結果は、専門医師に必ずご確認下してさいね。