検査入院の意味と内容紹介。検査入院と言われたら

運動も食事も続かない・・?いいえ、糖対策は手軽に出来るんです!
植物性インスリン「ピニトール」が1日300mg!野菜のサプリ
詳しくは、下の画像をクリック↓



糖尿病で検査入院することってあるの?それはどんな検査?

糖尿病には検査入院もある
糖尿病には、重症になったときの入院以外に
検査入院することがあります。
それは、こんなケース

  • 集中的に検査が必要な場合
  • 通いでは負担が大きい場合

 

「糖尿病の検査って血糖値を測るだけでしょう?」
と不思議に思われる方も多いかもしれません。

 

しかし、実は糖尿病には様々な検査があって
集中的に行ったほうが効率が良かったり、
1日を通して行うような検査もあるんです。

 

検査入院は2週間が一般的

ふつう検査入院は、
糖尿病の発症時に行われることがほとんどで

 

生活習慣の改善指導のための教育入院も兼ねて
期間的には2週間程度。
(3日〜1週間程度が検査入院、残りが教育入院)

 

検査入院で行われる検査は
血糖値、尿糖、蛋白尿などを一日を通して測定します。

 

これらの数値が、
どういった時にどのような変化が見られるのかということを診断します。

 

一般的な健康診断などでは空腹時の血糖値しか測らないので、
それだけではわからない食後の血糖値の変化なども、
この検査を通じて判断することが出来ます。

 

その他にも、

眼底検査

・・・糖尿病性網膜症の発症状況

腹部エコー

・・・糖尿病性腎症の発症状況
などなど、様々な糖尿病の合併症が
併発していないか状況を集中的に検査。

 

こういった検査で、糖尿病の状態と合併症の状況を確認。
→今後の治療方針に反映させていくのです。

 

こうして検討された治療方針が
検査入院と教育入院の間に継続して行われます。

 

場合によっては、症状の改善が見られるようになるまで、
入院が続くこともあるんです。

 

集中的にできるのが検査入院のメリット

集中的に検査、治療することで
糖尿病の合併症を抑制できる検査入院も
メリットの大きいものと言えそうです。

 

いずれにしても、専門医師に早めに
ご相談することが一番ですね。

関連ページ

初期症状と基準数値
糖尿病が疑われる初期症状はどういったものがあるのでしょうか?糖尿病の兆候をチェックすることで早期発見、糖尿病予防の参考にして下さい。検査数値の基準値もご紹介。セルフチェックに役立て下さいね。
食事療法について
糖尿病の治療では食事療法が大切と言われています。でも糖尿病の食事療法とは、どんな考え方で、どういった制限の元にすすめられるのでしょうか?きになる食事制限の内容や続けるための考え方などをご紹介します。
グリコアルブニン(GA)とは
グリコアルブニン(GA)とは糖尿病の検査で用いられる管理指標。グリコアルブニン(GA)で糖尿病の進行をどうやって知ることができるのでしょうか。合併症や闘病のがんばりがわかるこの検査項目についてご紹介します。
空腹時血糖(BS)とは
空腹時血糖(BS)は、糖尿病の検査で一般的に使われる管理指標。空腹時血糖(BS)の数値を見ることでどんな症状がわかるのか?測定の仕方など、ご紹介します。