糖尿病での食事療法の考え方とは?食事療法を長く続けるために

運動も食事も続かない・・?いいえ、糖対策は手軽に出来るんです!
植物性インスリン「ピニトール」が1日300mg!野菜のサプリ
詳しくは、下の画像をクリック↓



合併症を防ぐため、守っていきたい最低限の食事療法とは?

とても怖い糖尿病の合併症。
それを防ぐには運動・薬物・食事療法を
うまく組み合わせて血糖をコントロールすることです。
糖尿病は食事療法が大切
そのうち
糖尿病の食事療法をまとめていうと

 

一日の摂取エネルギーを守り、
過剰な摂取を避け、栄養素をバランスよくとること

 

食事療法は血糖の上昇に直接かかわってくるので
きわめて重要!

 

糖尿病の食事療法は特別な食事があるわけでなく、
以下のようなこと大切です。

 

バランスよく食べる

糖質を含む食品だけを減らさすのではなく
エネルギー量が少なく、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な食品を積極的に食べる。

 

1日3食きちんと食べる

3度の食事の内容が均等になるように

 

アルコールや甘いものは控え目に

甘いものやアルコールは中性脂肪を増やし、高脂血症・動脈硬化の原因に
もなり合併症の進行につながります。

 

食物繊維をとる

食物繊維は糖の吸収を遅らせ、血糖の上昇を緩やかにします。
またコレステロールを減らし、脂肪の吸収を抑える効果も

 

 

食事療法を長く続けるためには

 

  • 自分の食べるものの量を計る
  • 食べた食事の内容や量をノートに記録する
  • 食品交換表を使って計算する
  • よく噛んでゆっくり食べる
  • (1口20回以上。満腹中枢の働きを活用)
  • 食事療法と同時に運動療法も続ける

 

こうした日々の習慣が
糖尿病とつきあっていく上で大切になります。

関連ページ

初期症状と基準数値
糖尿病が疑われる初期症状はどういったものがあるのでしょうか?糖尿病の兆候をチェックすることで早期発見、糖尿病予防の参考にして下さい。検査数値の基準値もご紹介。セルフチェックに役立て下さいね。
検査入院って?
糖尿病の検査は手軽に受けることができますが、集中的に入院して検査することもあります。検査入院が行われるケースや、その場合に行われる検査にはどんなものがあるのかご紹介します。検査入院と言われた時の安心材料としてもご覧下さい。
グリコアルブニン(GA)とは
グリコアルブニン(GA)とは糖尿病の検査で用いられる管理指標。グリコアルブニン(GA)で糖尿病の進行をどうやって知ることができるのでしょうか。合併症や闘病のがんばりがわかるこの検査項目についてご紹介します。
空腹時血糖(BS)とは
空腹時血糖(BS)は、糖尿病の検査で一般的に使われる管理指標。空腹時血糖(BS)の数値を見ることでどんな症状がわかるのか?測定の仕方など、ご紹介します。